OLYMPUS DIGITAL CAMERA
(左からBa.市川、Per.&Cho.阿部、Dr.栗田、Gt.&Vo.青木、Gt&Cho.&etc.小松)

市川太一(いちかわ たいち, 1985年4月26日 – ) ベース
阿部草介(あべ そうすけ, 1988年6月3日 – ) パーカッション、コーラス
栗田優(くりた ゆう, 1992年3月17日 – ) ドラム
青木佑磨(あおき ゆうま, 1986年2月14日 – ) アコースティックギター、ボーカル
小松秀行 from ブラボーカフェ (こまつ ひでゆき, 非公開) エレキギター、コーラス、他


学園沿革

2007年1月 青木がなし崩し的に個人名義でのライブ活動開始。以降毎月第四火曜日に行われているイベント「アコギな夜」に2014年に至るまで皆勤賞。

2007年12月 阿部、市川がなし崩し的に青木のライブにサポートで参加。以降定期的に出演。アコギ、ベース、パーカッションのアコースティックバンド編成が活動の基本となる。

2008年8月 青木佑磨1stミニアルバム「逆様の顛末」発売。ライブ会場限定販売ながらそこそこ売れる。

2008年12月 Shibuya O-nestで行われた「ポアロジャンボリー2008~2009」に学園祭学園メンバーで出演。ステージ上でバンド名を訪ねられ、勢いで界隈の友人達の集まりを指す「学園祭学園」と答える。以降「青木佑磨と学園祭学園」として活動。

2009年8月 自主企画「第一回学園祭学園学園祭」を開催。以降不定期開催。ライブ後、humandog澤田の紹介で後にサポートメンバーとなるブラボーカフェ小松と初対面。

2010年5月 「第四回学園祭学園学園祭」にて青木佑磨、humandog、ブラボーカフェによるスプリットシングル「学園祭学園学園祭のしおり」を発売。収録楽曲「いっせーの」は編曲にhumandog澤田を迎え、名義としては青木個人名義だがレコーディングはほぼ学園祭学園の面子で行われた。

2011年3月 東日本大震災への寄付を目的としたチャリティーライブと、その生中継をUstreamにて行う。ライブ後「逆様の顛末」でドラム・プロデュースを担当した内田稔の紹介で、その弟子である栗田と初対面。

2011年4月 正式に名義を「学園祭学園」として活動開始。

2011年7月 ブラボーカフェ小松作編曲によるシングル「まぼろし音楽/祭囃子がきこえる」発売。学園祭学園としては初の音源となる。

2012年9月 ドラムに栗田を迎えてバンド編成でのライブ活動を開始。

2013年 ライブ活動とレコーディングに明け暮れる。

2014年2月 学園祭学園1stアルバム「ユープケッチャ」を発売。

2014年5月 代々木Zher the ZOOにて初のワンマンライブ「学園祭学園大学園祭」を開催。